寝ながら丹田呼吸法!超カンタン、誰でも楽にできてリラックスできる方法。

<最新情報>

2015年頃に丹田について自分の体験から作り始めたこのブログですが、

その後も丹田について自分の経験値を重ねるごとに知識・理解なども積み重なっていくごとに、やはり丹田についてお伝えすべきポイント、大切にすべきポイントなど価値観も変わっていくことを感じています。

こちらの記事を最新版(2020年)として、丹田に対する見解などなるべくシンプルにまとめ直しています。

丹田における一個人の感見解ではありますが、施術歴13年以上・リラクゼーションサロン元店長(現在アスリートサポート)としての経歴から、なるべく客観的に解剖学的に丹田についてお伝えしようと思います。

どうぞご覧くださいませ。

↓ ↓ ↓

クリックして丹田ブログの「最新情報、総まとめ記事(2020年版)」をチェックする!!

 

丹田が大切なことはよく分かるけど、

それでもいちいち丹田を意識して呼吸するのが面倒と感じる時ってありませんか?

実際にリラクゼーション業のお客様にアドバイスして「寝付きがよくなった!」と喜ばれた方法があります。

その名も「寝ながら丹田呼吸法」です。

寝ながらカンタンに丹田呼吸法ができて、かつその効果はきちんとある本質的な方法となります。

これならどんなに疲れて億劫な時でもできるので、リラックスしたい時にオススメです。

どうぞご覧ください。

 

超簡単シンプルな「寝ながら丹田呼吸法」

リラクゼーション業のお客様で「なかなか夜寝付きにくい」と悩むお客様(40代)にアドバイスして効果があった、超簡単シンプルな方法をお教えしたいと思います。

まずこの方を例にして、どういった症状の方がこの「寝ながら丹田呼吸法」が役立ちそうなのかシェアいたします。

 

スポンサードリンク

「なかなか寝付きにくい」と悩むタイプの特徴。

それでは実際に私がアドバイスして改善したお客様のタイプについてお伝えしたいと思います。

 

【その1】他人や周りの目が気になってしょうがない、神経質な性格。

デスクワークをしていても、周辺の同僚の顔などが視線に入ってしまうと、それが気になってしょうがない様子。

ある程度集中できたり、それほど周囲を見ていない、

または気にしない方にはあまり理解できないかもしれませんが、

ある程度神経質な方はそれくらいのことでも気になってストレスになってしまいがちです。

 

ですので、人並み以上に周囲への神経を張り巡らしてしまっている分、

メンタル的に高ぶってしまって常に交感神経優位になりやすくなります。

こういうタイプの方は、本当は自宅や何かしらリラックスできる作業スペースで集中して仕事したいところですが、

なかなか会社員だとそう上手くはできないものですよね。

 

【その2】一人になれる時間が少ない。家に帰れば家族との時間がほとんど。

この方の場合はご家族がいてお子さんもいらっしゃいます。

どうしても家族と一緒に暮らしていると、それはそれで家族団欒の時間が嬉しい、幸せ、という側面もありますが、

この方の場合は過度に神経質な性格があり、お仕事でも常に周囲に対する緊張感・ストレスが働いています。

 

ですので、本当は仕事から帰ったら自分の時間を作ってリラックスしたいところですが、

なかなかそういった時間も作りにくいことが現実です。

 

【その3】本当は一人だったらやりたいことが、たくさんあるけど出来ていない。

この方の場合、どちらかというとマイペースに自分の時間を楽しむタイプで、

大人数でワイワイする性格ではない様です。

ですので自分らしい時間が作れないことによるストレスの蓄積、常に神経過敏になりやすくなっているかもしれません。

 

スポンサードリンク

神経質な方の寝付きがよくなった!超簡単「寝ながら丹田呼吸法」のやり方。

それではそんな神経質なお客様でも実践すると、

「寝付きがよくなった!」と喜ばれた具体的な方法とはどんなものなのでしょうか?

とても簡単ですので、まずはどうぞご覧ください!

 

その1「仰向けになる」

まずは布団やベッドの上など、眠る前かリラックスできる時に仰向けになりましょう。

 

その2「両膝を立てる」

あおむけになったら、次に両膝を立てます。

このポジションを取ることによってお腹がゆるんでリラックスしやすくなります。

そして緊張も自然と取れやすくなります。

 

その3「お腹、できれば丹田(おへそから数センチ下の辺り)に両手をおく」

両膝を立てたポジションをとったあとは、丹田に両手を置けば準備完了です!

なぜ両手を丹田に置くのか?という理由は、シンプルに脳がお腹に意識を向けやすくするためです。

実際のところ、忙しい現代人の多くはほとんどがストレスで深い呼吸が出来ていません。

だからこそリラックスによる「腹式呼吸」がそもそも忘れがちになっています。

 

つまり、忘れがちな状態にも関わらず無意識に同じことが出来るわけがありませんので、

だからこそ両手をお腹に置くことによって、少しでも意識をお腹に向ける努力をしなくてはなりません。

ここが「丹田呼吸法」の大切なコツの1つになります。

 

その4「そのまま深呼吸するだけ」

ここまでの準備が整えば、あとは超シンプル簡単!

ただそのまま深呼吸するだけです^^

いかがでしょうか?簡単にできそうじゃないですか?

 

そのままお腹に意識を集中して深呼吸していくと、

高ぶった神経による緊張がだんだんゆるんでいくます。

それに伴って、自然とお腹が温かくなったり全身が気持ちよくなる

または力が抜けていく感覚が得られたら成功です。

 

「寝ながら丹田呼吸法」を実践してもらった後の感想「寝付きがよくなりました!」

1〜2週間後、次にご来店されたそのお客様からこんな言葉を頂きました。

「教えていただいた方法を試してみたんですよ。

そしたら、確かにだんだん緊張が取れてきて、寝る時間がいつもよりも早まりました^^」

とのことです。

もちろんこの方は、それだけの問題ではなくもっと根深い問題にアプローチする必要がありそうではありますが、

少しでも緊張感が緩和してリラックスできたことに感謝されました。

 

誰でも簡単に出来る方法だからこそ、本質的。あなたにもオススメ!「寝ながら丹田呼吸法」。

いかがでしょうか?

正直ここまで常に緊張されるほど、神経質な方は多くはないと思われます。

しかしながら、そんな方でも大なり小なりリラックスできた、

と体感を得られたのは小さな成功体験の1つだと感じています。

 

こういった極端な方でもリラックスを体感できる、誰でも簡単にできる「寝ながら丹田呼吸法」はかなりオススメです。

疲れて寝付きにくい夜や、どうしてもイライラしてリラックスできない時など、

あおむけになって丹田呼吸法を実践していただければと思います。

 

あなたの快適な日常のお役に立てば幸いです。

ありがとうございました。

 

Follow me!

「丹田って具体的にどんな感じかよく分からない・・。」

「てっとり早く、丹田を鍛えて元気になりたいけど難しそう・・。」

「なんだか丹田、丹田って意識するのが面倒・・。」

「結局、丹田を鍛えるってどういうやり方がいいのか、よく分からない・・。」

「教室に通いに行って習いたいけど、近くにそんな場所もない・・。」

 

など、丹田に対して何かしら興味・関心はあるけど、目に見えないだったり感覚的すぎて、自分にとってはよく分からない・・。

何が正解で何が間違っているのか、分からない・・。

と、悩んでいる方は非常に多くいらっしゃると思います。

 

あなたがこの丹田ブログを訪問された理由も、何かしら丹田に関する疑問・悩みを解決するために、こちらにいらして頂いたかと思われます。

 

そんなあなたに、施術歴13年以上の経験から、もっとシンプルに分かりやすく丹田の全体像について最新情報(2020年版)をお伝えいたします。

↓ ↓ ↓

「最新情報(2020年版)」について知りたいあなたはこちらをクリック!!

丹田-健康

Posted by masa