ロングブレスダイエットは丹田をかなり鍛えられる、本物のエクササイズ。

2020年4月23日

<最新情報>

2015年頃に丹田について自分の体験から作り始めたこのブログですが、

その後も丹田について自分の経験値を重ねるごとに知識・理解なども積み重なっていくごとに、やはり丹田についてお伝えすべきポイント、大切にすべきポイントなど価値観も変わっていくことを感じています。

こちらの記事を最新版(2020年)として、丹田に対する見解などなるべくシンプルにまとめ直しています。

丹田における一個人の感見解ではありますが、施術歴13年以上・リラクゼーションサロン元店長としての経歴から、なるべく客観的に解剖学的に丹田についてお伝えしようと思います。

どうぞご覧くださいませ。

↓ ↓ ↓

クリックして丹田ブログの「最新情報、総まとめ記事(2020年版)」をチェックする!!

 

丹田といえば「ロングブレスダイエットの俳優の美木良介さん」をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

当時かなり大ブレイクし、本も(2012年当時)3冊累計で100万部達成でミリオンセラー作家の仲間入りへ。

2015年には都内にスタジオを設立。

多くのTV企画でタレントのダイエット成功に導くものの、「健康にいいエクササイズ」として人気だけでなく中身も本物。

 

私も実践しましたが、丹田を活性化させる上でとてもいい手法の1つ」だと感じています。

そんなロングブレスダイエットについて今回はご紹介したいと思います。

 

ロングブレスで丹田を活性化させる、といえば「美木良介」さん。

ロングブレスダイエットのデモ動画で実演されている2つの方法、実際に試してみました。

 

スポンサードリンク

【その1】3秒吸ってお腹を膨らませ、7秒で思いっきり吐き切る。

  • おしりを少し引っ込める。
  • 後ろ足に体重の90%をかける(後ろ斜めの体勢をキープ。)
  • 3秒で吸って、7秒で吐く。
  • これを6回して1セット(朝・晩2回やる)
  • 吐くときは、強くゆっくり本気で吐く
  • 吐くときは、全筋肉に力をいれる

この吐ききる後半(4秒くらい)、インナーマッスルも締まり始め、

丹田がかなり活性化していくことを体感できます。

この「本気で吐き切る」というところがポイントみたいですね!

 

スポンサードリンク

【その2】3秒吸ってお腹をへこませ、さらに7秒でもっとお腹をへこませる。

・今度はまっすぐの状態でOK。

・3秒で吸ってお腹をへこませ、さらに7秒で吐いてもっとへこませる。

・お腹と背中がくっつくイメージで、かなりへこませる。

これは先ほどの呼吸法から、さらに負荷をかけたバージョンです。

さらに丹田が活性化できました。

吐ききった後のインナーマッスル、丹田への負荷がとてもいいですね!

 

美木良介さんのロングブレスダイエットは、本質的な丹田を活性化させたダイエット法。

丹田を意識した深い呼吸の伴うダイエット法ですので、

副作用がないどころか、健康にも役立つことばかり。

筋肉も鍛えられ、酸素がきちんと脳に供給され、心身のエネルギーも調整され、

しかも痩せる(笑)

 

これは本物だな、とやってみて改めて思いました。

 

美木良介さんの「ロングブレスダイエット」書籍(DVD付き)

こちらに美木良介さんのDVD付きの書籍をまとめておきます。

 

美木良介さんの「ロングブレスダイエット」、サポート商品。

楽天ショップで販売されているこちらの商品もシェアいたします。

動画や本、DVDでも十分だとは思いますが、自力で丹田を活性化するのも厳しい方など、

サポートグッズを利用された方がいい方のためにご案内させていただきます。

ご興味ある方はどうぞご参考になさってください。

 

 

Follow me!

「丹田って具体的にどんな感じかよく分からない・・。」

「てっとり早く、丹田を鍛えて元気になりたいけど難しそう・・。」

「なんだか丹田、丹田って意識するのが面倒・・。」

「結局、丹田を鍛えるってどういうやり方がいいのか、よく分からない・・。」

「教室に通いに行って習いたいけど、近くにそんな場所もない・・。」

 

など、丹田に対して何かしら興味・関心はあるけど、目に見えないだったり感覚的すぎて、自分にとってはよく分からない・・。

何が正解で何が間違っているのか、分からない・・。

と、悩んでいる方は非常に多くいらっしゃると思います。

 

あなたがこの丹田ブログを訪問された理由も、何かしら丹田に関する疑問・悩みを解決するために、こちらにいらして頂いたかと思われます。

 

そんなあなたに、施術歴13年以上の経験から、もっとシンプルに分かりやすく丹田の全体像について最新情報(2020年版)をお伝えいたします。

↓ ↓ ↓

「最新情報(2020年版)」について知りたいあなたはこちらをクリック!!

丹田-健康

Posted by masa